若くしてリーダーを
任されていることを
誇りにして、客室清掃の
高みを目指す!

今井 雄太

ビルメンテナンス関連事業
三宮ターミナルホテルステーション マネージャー(現安全推進部)

2010年 入社

  • プレッシャーと闘い皆をまとめ上げる

    私は現在、JR三ノ宮駅直結の三宮ターミナルホテルの客室清掃を行う三宮ターミナルホテルステーションにてマネージャー兼、総括責任者として働いています。ステーションマネージャーは現場全体の責任者として、職場の雇用管理や作業管理、また安全性と品質を高めるための方針作りなどを行っています。一方、総括責任者としては、勤務日の清掃作業の責任者として、スタッフを取りまとめたり、何らかのトラブルに率先して対応したり、ホテルオーナーからの依頼を整理してスタッフに指示を出すといった司令塔的な役割となっています。どちらの業務も大変責任が求められる仕事ですのでプレッシャーを感じないかと言われたら嘘になります。実際に自分は若く未熟で、前マネージャーや他のホテルのマネージャーに比べても知識、技術共に全然追いつけていないと、思い知らされる毎日です。しかし、前マネージャーたちのサポートなどがあって今の立場を担当させていただいているので、任されているということに喜びを感じつつ、誇りと覚悟を持って仕事に臨んでいます。

  • 同じ高さのクオリティを保つために

    ホテル清掃はお客様のチェックアウト後に一度完全にリセットできるタイミングがあるので、そこでどれだけ完璧な客室に仕上げられるかが大切になります。特に客室はただ清掃するだけではなく、ベッドメイクなども行いますので、メンテックの清掃サービスの中でも特殊な部類に入ります。業務を行う上で、自分だけでなくスタッフ全員に意識していただいているのは会社が定めたマニュアルを徹底的に守るということです。個人的にこうした方が良いと思ってやってしまったことで、部屋のクオリティにばらつきが出てしまいます。その時は良くても、次に同じ状況になっていなければ結果的にお客様をがっかりさせることに繋がりかねません。毛髪1本落ちていないというクオリティの高さを守ることは当然のことながら、いつでもまったく同じ高さのクオリティを出し続けるということこそが、私たち客室清掃スタッフの使命だと思います。清掃の仕上がりがホテルの印象に直結していることを常に意識し、お客様から泊まってよかったと思っていただけるように全力で取り組んでいきたいと思います

  • 一生懸命頑張れば人は変われる

    暇さえあれば掃除するくらい掃除が大好きです。また物を捨てることも大好きで、以前事務所の断捨離をしすぎて従業員からブーイングされるほどでした。メンテックへの入社を決意したのは、そのような自分の性格が合っているということと、会社説明会で感じた社内の人間関係の良さに惹かれてのことでした。総合職として入社したので、入社から約1年半は細かく異動を重ねながらさまざまな業務を体験させてもらいました。そんな中で一番のターニングポイントとなったのは駅からホテルへ移った時です。駅に比べて社員の数が少ないということで、管理者であるマネージャーとの距離感が近く、たくさんのこと学ばせていただきました。またパートスタッフ中心の職場であるため、自分の思いをきちんと伝えないと現場が回らないことを身をもって体験したことで、もともと内気な性格もずいぶんタフになったかと思います。今の役職を務めさせていただいているのもホテルで頑張ってきたからこそ。そういった意味でメンテックは何事に対しても一生懸命頑張れば、責任ある役割を任せてもらえる職場風土があるからこそではないかと思います。将来の夢を語るにはまだまだ未熟な私ですが、今よりもっと働きやすい現場環境を作っていけるような立場の人間になることを目指して、これからも努力を続けていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

7:15 出社。人員配置および部屋数の調整、フロントの朝の指示書確認。8時15分には朝礼を行い、スタッフへ指示を伝達
9:00 メールのチェックを行った後は事務作業。提出書類の作成やオーナー対応を行う
12:00 フロントより昼の指示書受け取り、各フロアの状況確認と翌日の人員確認を行う。昼食後も引き続き事務作業や、日報計算、作業者の部屋実績の計算を行う
15:45 社員への引き継ぎ

ジェイアール西日本メンテックの
一員として働きませんか?

  • 新卒採用応募については
    こちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(リクナビ)が開きます
  • アルバイト採用応募についてはこちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(バイトル)が開きます