女性管理職の立場として
いつでも気軽に
相談できる存在でいたい

三好 みどり

ビルメンテナンス
大阪北エリア営業所 所長代理 (現ビルメン事業部)

2002年 入社

  • まとめることの大変さこそ管理職のやりがい

    ビルメンテナンス関連事業部では、主にJR西日本関連のビルやホテルなどをご利用されるお客様に、より快適な空間を提供するため、車両や駅舎清掃で培ったノウハウに基づく清掃サービスなどのメンテナンスを行っています。私は同事業部の管理職として、大阪北エリア営業所の管理業務補助および所長代理として働いています。当営業所の特徴としてノースゲートビルディング内の複数の施設(ルクア、ルクア イーレほか)で別々のチームから構成されています。清掃作業などを行う環境が施設ごとに異なるため、起こり得る問題を共通化しにくかったり、問題解決に向けて方針を定めようとする場合もなかなか一つにまとまらなかったりと、さまざまな面で苦労を強いられます。日々の業務の中で取りまとめることの難しさや大変さを実感させられますが、一方でそれこそが管理職のやりがいであるとも実感しています。上に立つものとして凝り固まった考えにならないように、柔軟な姿勢で仕事に取り組んでいけたらと、日々励んでいます。

  • “女性”管理職として気軽に相談できる存在に

    職場のスタッフを盛り上げることや、チーム力を発揮させることは管理職である私の仕事です。そのためスタッフ一人ひとりの得意分野や苦手分野をすべて把握して、得意な部分はさらに伸ばすような育成を行い、逆に苦手な部分はスタッフみんなで協力し合いながら解決していくように導いています。そのような育成や指導の結果、スタッフがさまざまなシーンで成長している姿を見ることができた時には喜びを感じますし、頑張っている姿を見ることで自分自身の励みにもなっています。みんなのチーム力をより引き出すためにも、仕事中は自分を律する気持ちを忘れず、一緒に働くスタッフに感謝し、その人たちに対して自分自身は何ができるかを常に意識しています。私自身が子育てをしながら働いてきたということもあり、。“女性”管理職として女性スタッフが家庭と仕事を両立する上で困ったときに気軽に相談できるような存在でありたいと考えています。

  • 努力次第で誰にでもチャンスを与えてくれる

    メンテックに入社したのは子供がまだ小学校一年生の時で、仕事が終わってから学校に迎えに行けるという条件が整っていたことがきっかけでした。平成14年に大阪ターミナル営業所(※現グランヴィア大阪ステーション)でパートスタッフとして入社し、その後社員登用され、係長、ステーションマネージャーを経験した後、平成27年に管理職となり現在に至ります。私自身がそうであるから言えることですが、メンテックは入社の形態はさまざまで、どこでどんな風に仕事をスタートさせたとしても、努力次第で年齢や性別に関係なく昇格できる制度が整っています。また清掃技術に関する教育体系は当然のことながら、多方面に学ぶ機会があるところが魅力の会社だと思います。今後も清掃という仕事を通じてさまざまな人と関わりあい、自分自身も学び続けられる喜びを感じながら、今まで培ってきた経験を活かして、後進の育成につなげていきたいと思っています。

ある1日のスケジュール

7:00 早番クルーの朝礼参加。メールや当日業務、引き継ぎの確認をした後、事務作業を行う
11:00 4時間勤務者の終礼参加
13:00 昼休憩の後、遅番クルーの朝礼参加。各チームの現場巡回を行い、従業員の個人面談を行う
15:00 早番クルーの終礼参加。15時45分にイレギュラーの作業がなければ速やかに退社

ジェイアール西日本メンテックの
一員として働きませんか?

  • 新卒採用応募については
    こちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(リクナビ)が開きます
  • アルバイト採用応募についてはこちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(バイトル)が開きます