人々の生活に欠かせない
鉄道を陰で支える
そのやりがいは無限大

田中ひかり

車両関連事業(構内)
森ノ宮営業所 社員(現人事部)

2010年 入社

  • 細心の注意を払って行う車両運転

    私は現在、JR西日本の車両基地(森ノ宮電車区)で、保守点検や清掃作業を行い準備が整った車両を、お客様に安全・円滑に提供するための運転を担当しています。車両の運転は取扱いを誤ると大事故に繋がりかねませんので、一瞬の気の緩みが命取りになります。決められた作業スケジュールの中で起こりえる事故を未然に防ぐためにも、指差しと声出しによる確認や、マニュアルに沿った作業の実行を常に心がけています。運転業務のほかにもポイント(線路の分岐器)の清掃や、JR西日本への報告書など書類の作成を行っています。よく“メンテック初の女性構内運転士”とご紹介いただきますが、私自身はあまり意識していません。しかし現在に至るまで、周りのスタッフの方々にはソフト面、ハード面共に大変な気遣いをして頂いていると感じていますし、とても感謝しています。思い出深いエピソードとして、訓練中に女性特有のバイオリズムの乱れによる体調不良になったことがあり、周囲が男性ばかりの中で、なかなか言い出せずに困った時がありました。そこで思いきって打ち明けることにより、無理することなくその後の訓練に打ち込めるようになりました。その後、JR西日本との合同開催で行われた競技会で最優秀賞受賞できたことも周囲の方の支えがあってこそ。本当に幸運だったと思います。

  • “鉄道の当たり前”を支える誇らしさ

    鉄道はあって当然の存在ですが、災害や事故などで交通網が絶たれると、ひとたび陸の孤島に放り込まれたような不安な気持ちになります。実際にニュースなどでも長期間分断された鉄道が復旧した際に、その地元の方々が涙を流して喜んでいるシーンを目にします。ともすれば鉄道はただの交通機関ではなく、それを利用する人々にとって社会との繋がりであったり、アイデンティティに大きく関わっていたりするのではないかと感じています。
    私はそういった鉄道の存在感や、高い公共性、それらを支える高い技術に対して入社前から魅力を感じており、この会社に勤めるようになったことで、よりいっそう強く感じるようになりました。だからこそ、今こうして鉄道関連サービスに携われていることに誇りを感じています。また人目につかない所で、縁の下の力持ちとして“鉄道の当たり前”を支えている清掃、運転の仕事に強くやりがいを感じています。

  • 現場での経験を生かし、より働きやすい職場へ

    鉄道関連サービスといっても決して華やかではありませんし、時には人が嫌がるようなことも率先して行わなければなりません。ですが、人々の生活に密接に関係している鉄道を陰から支える、なくてはならない仕事でもありますので、やりがいも無限大だと思います。さまざまな人たちと力を合わせてひとつの仕事をすることは困難も多いですが、その中には自分を人間的にも成長させてくれるチャンスがたくさんあります。実際に私の働いている森ノ宮営業所は年齢層も幅広く、前職などでさまざまな経験をされている方々がいらっしゃるので、一緒に働いていると、毎日が人生の勉強になっています。今後の目標はこれまで取り組んできた清掃業務に加えて、現在従事している運転業務など、現場で貴重な経験をさせてもらっている経験を生かして、ソフト面・ハード面ともに働きやすい職場づくりの一役を担えるような人材になることです。そのためにもできるだけ現場の仕事の理解に努められるよう、日々邁進していきたいです!

ある1日のスケジュール

8:00 出社。非番の運転士と前日、当日作業の引継ぎを行った後、当直による点呼・アルコール検査。9時からはJRとの作業打ち合わせを行い、運転業務に入る。
12:45 1時間の昼休み後、再び運転業務を行う
18:45 夕食。20:30~翌2:00まで引き続き運転業務を行い終了後JRに報告、事務処理。
2:20 休養・仮眠。7:30にポイント清掃を行い、8:50に引継ぎと点呼を行った後、退社。
  • ※基本的に1交代勤務であるため翌日は公休となるのがほとんど。日勤(8:50~17:15)の勤務の時もあり、その時は臨時の運転業務か車両清掃を行う。

ジェイアール西日本メンテックの
一員として働きませんか?

  • 新卒採用応募については
    こちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(リクナビ)が開きます
  • アルバイト採用応募についてはこちら

    今すぐ応募する

    ※外部サイト(バイトル)が開きます